ハゲ 必死

必死にハゲを治したい

薄毛が進行したきっかけ

私が自分の薄毛を意識し始めたのは、一人暮らしを初めてデタラメな睡眠リズムで生活し始めた時でした。

 

シャワーを浴びた後に浴槽に大量の抜け毛が落ちていて、最初は気のせいかと思っていたのですが、ドライヤーで髪の毛を乾かした後に床に毛がどんどん抜けて落ちていく様子を見た時に危機感を感じました。

 

またこの時、爪の先の白い部分がデコボコになり焦ったのを覚えています。

 

それからは生活リズムを取り戻すために、必死で朝早く起きて夜早く寝るように努めました。初めの1週間くらいは布団に入っても寝れないし、朝早く起きても寝不足で頭が全然回らない状態が続きました。

 

しかしきっと状況は良くなると信じて続けているうちに、2週間を過ぎた当たりから随分と楽になっていき睡眠のリズムも安定してきました。これ以降、抜け毛は以前のように少なくなりホッと一息ついたのを覚えています。

 

薄毛の原因とホルモンの偏り

薄毛になる原因は、色々考えられます。その1つはホルモンバランスですね。

 

そもそも毛髪の状況は、そのバランスが整えられているか否かに左右されます。男性ホルモンと女性をホルモンの2種類がある訳ですが、どちらか一方に対する偏りが生じると、毛髪に対する問題も発生しがちなのです。

 

総じて、女性ホルモンが多いか否かが大きなポイントになりますね。男性ホルモンが多すぎる状況ですと、薄毛になりやすいと言われています。

 

このため毛髪の問題点を解決したいと考えるならば、ちょっとホルモンのバランスを整える事も検討してみると良いでしょう。身近な栄養素によってバランスが整えられる事もあるので、食生活には気を使ってみるのが良いですね。ハゲの宮迫

ホーム サイトマップ